不動産に聞く契約してはいけない賃貸物件

避けたい賃貸物件の、不動産業者が教えてくれる見分け方、判断ポイント紹介

避けたい理由筆頭「事故物件」の見分け方

このサイトでは、不動産会社などからの情報を元に、賃貸物件を契約するにあたって避けておきたい物件の見分け方を紹介していきます。

駅から遠すぎる、部屋の間取りがおかしい、異様に湿気をはらむ、過去に事件があった、などなど、いざ契約してから気付いて、住みづらい、引っ越したいと思ってしまうケースは意外にあるもの。
しかしそう簡単にお引越しをすることは、資金や手間を考えても中々できません。
やはり最初に、どれだけ避けるべき賃貸物件の情報を押さえておくかが大事になってくるのです。
このサイトでは、そんな情報をできるだけ「不動産業者の声」にフォーカスしてお届けしていきたいと思います。

1ページ目では、避けたい物件の筆頭として挙げられる「事故物件の見分け方、避け方」を紹介します。
どんな事情があったにせよ、過去に事件や事故があった物件に住むと言うのは誰でも避けたいものです。
そのため、不動産業者や事故物件の契約経験者の声を集めました。

2ページ目では、事故物件以外で避けたい物件の見分け方を紹介します。
内覧や直接の問い合わせでは中々教えてくれないそれら情報も、不動産業者がこっそり教えてくれた情報を集めて紹介していきます。

3ページ目では、ひとり暮らし・ご家族含めた、女性の視点から避けた方が良い物件を紹介していきます。
引っ越しやひとり暮らしを考えている女性の方々には、是非ご覧頂ければと思います。

これらの情報を見ていくことで、是非、住み心地の良い賃貸物件に巡り会って頂ければと思います。

不動産会社が教える、避けたい賃貸物件の見分け

このページでは、賃貸物件を選ぶ中で最も避けたい「事故物件」の見分け方を紹介致します。 事故、事件、不幸などなど、決して嬉しくはない過去のある事故物件を見分け、回避する方法を一緒に掴んでいくことで、まずは最初にして最大の難関を越えていきたいと思います。

事故物件以外で、避けておきたい賃貸物件

このページでは、事故物件以外での「住みにくさ」に繋がってくる賃貸物件を見分ける方法をお伝えしていきます。 一度の見学や軽いヒアリングでは見分けがつかないような部分も、顔出し無しで不動産会社は色々教えてくれてたりしますので、その情報をしっかり掴んでいきましょう。

女性の視点から見た、避けたい賃貸物件

このページでは、女性の視点から見た、回避したい賃貸物件の特徴などを紹介していきます。 それは物件そのもの以外にも、地理的条件や、ご家族かひとり暮らしかの違いなど、様々な観点から見ていくことが大事になってくるので、それを丁寧に解説していきますね。