女性の視点から見た、避けたい賃貸物件

物件そのものについて

(1)セキュリティ面
オートロック、二重カギ、インターホン、防犯カメラ設置、管理人の有無と常駐、などの設備がどれだけ充実しているかを、まずは必ず確認しましょう。

(2)設備面
また、借りる時は「2階以上の部屋」であると安心です。
1回を希望する場合は(そうでなくてもですが)、通路側の窓や柵に格子が取り付けられているか、郵便受けやゴミ捨て場が他人に漁られないような設備に整えられているか、物陰が少なく、エレベーターや階段の踊り場が窓付きや外から見えるような間取りになっているか、なども確認しましょう。

(3)女性専用マンション
現在は、女性専用のレディースマンションという賃貸物件もあります。
これは女性しか入居できず、家族や知り合いであっても男性の立ち入りを制限している位に厳しいセキュリティの物件です。
デザイン的にも女性に好まれるようなつくりが多く、割高な家賃さえクリアできれば、検討対象に入るでしょう。

物件以外の観点

(1)通勤ルートを歩いてみましょう
特に入居先から通勤する場合、最寄駅まで必ず歩いてみましょう。
可能であれば、家族や不動産屋さん、知人と一緒に、朝や夕方、夜に歩いてみるのも良いでしょう。
物影が無いか、街灯は明るく点いているか、人通りの多さはどうか、などです。
特に東京は、駅周辺は夜中まで人が多くても、数分歩けば住宅街で夜は静まり返っているという環境がとても多いのです。

(2)自宅周辺の犯罪発生状況を調べる
これは警察署に行けば絶対に教えてくれます。
特に女性関連の事件(下着泥棒、暴行、盗撮などなど)が発生しているかどうか、発生しているとしたらどの辺りのエリアで発生しているのか、ということは、通勤ルートや物件を選ぶうえでは、女性の場合特に重要な要素となります。
女性を狙った犯罪の多くは、見知らぬ場所では無く、自宅周辺で起きている場合が多いのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ